モビットに申し込む前に心配することは

キャッシングを利用するにあたり最初に気になるのは、
「審査に通ることが出来るかどうか」
ではないでしょうか?

実際に多くの方が、審査に対して不安を抱き・また審査での煩わしさが面倒で借入を諦めています。ですが、キャッシングを利用するまでにどんな段階を踏んでいくのかさえ分かってしまえば、実はその手順はとてもシンプルなんです。




条件はこれだけ!「年齢満20歳以上65歳以下の安定した定期収入のある方」

モビットでお金を借りるのに必要な条件はたったのこれだけ!意外な答えに拍子抜けしてしまった人もいるんじゃないでしょうか?

ですが、条件は本当にこれだけです。

年齢制限を満たしており、月々の安定した収入があればアルバイトやパート、契約社員や自営業の人であってもお金を借りることが可能なんです。

「金融機関の審査っていうとなんだか凄く厳しそう・・」
「自分がちゃんと審査に通るのか怖い」

そんな風に思うかもしれませんが、上記の条件は大抵の方が満たしているはずです。
例えば月収5万円程度のパートタイマーの奥さんだって、お金を借り入れることは可能なんです。

もちろん借り入れられる限度額は収入によって変動してきますが。「定期的な月々の収入」という条件は満たしているので、借り入れ対象者としての条件は満たしていることになります。

その他にも勤続年数の超短、居住年数の超短、居住形態、電話の有無など様々な条件はありますが、条件さえ満たしていれば基本的に審査に通ることはそこまで難しいことではありません。

審査に落ちるのが怖くて、始めの一歩を踏み出すのが怖いのであれば、それはちょっと心配のし過ぎかもしれませんよ。実際に短時間勤務のパートタイマーの方、フリーターの方の利用者も沢山いますから

「絶対に正社員じゃないといけない」
「月収が◯◯円以上ないといけない」

といった基準は存在しないんです。

もしもお金を借りるにあたり、身構えすぎてしまっているとしたらそこまで心配する必要はないということだけしっておいて下さい。




では実際の審査にはどんな方法があるんでしょうか?


急ぎの審査を希望の場合 「WEB申込み」

「即日、または近日中にすぐにお金が必要」そんな方はまずモビットのホームページから、カード申し込みを行います。その後、確認の電話が自分と勤め先にかかってきます。会社が営業している日なら勤め先への確認もすぐに取れるのでスピーディに審査が進みます。また、急ぎの場合はローンカードが郵送される前に振込みで融資を受ける事が出来ます。これなら日本全国どこにいてもキャッシングができます。

会社に電話連絡は困るという場合 「WEB完結申し込み」

「勤め先に電話連絡が来るのは困る」という方は電話応対や来店が一切不要のWEB完結申し込みを利用することをオススメします。WEB完結申し込みを利用するには

・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている
・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証持っている

この二つの条件を満たしている必要があります。

条件を満たしている場合は
1:「本人確認書類」
運転免許証・パスポート いずれかの写し
2:「現在の収入を確認できる書類」
源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書 いずれかの写し
3:「勤務先を確認できる書類」
健康保険証・給与明細書

これら3つの書類を用意することによって、電話連絡なし・郵送物なしのうえに利用も全てWEBだけで完結することが可能です。

勤め先への確認の電話というのは、個人名でかけてくるので、モビットに申し込んだということは他の方が電話に出たとしても分かりません。でも、それでも何となく気が引けるという人はWEB完結を利用するのをオススメします。

いずれにせよ審査はスピーディに行ってもらえるので、自分にあった方法を選びましょう。

モビットの公式サイトはこちら




実際に審査を受ける際に必要なもの


必ず必要になるもの

・本人確認用書類
基本的には運転免許証があればOKです。もしも住所変更などがある場合は裏面の情報も必要になります。もしも免許証を持っていない場合には、健康保険証かパスポートで代用することが出来ます。

場合によって必要になるもの

・収入を証明する書類
収入を証明するための書類は、主に借入額が大きい場合に必要になります。

書類の種類としては

・源泉徴収票の写し
・税額通知書の写し
・所得証明書の写し
・確定申告書の写し
・給与明細書の写し

の5種類がありますが、このうち一つがあれば大丈夫です。

勤め人なら給与明細書、自営業ならば確定申告書があれば問題ないでしょう。※ 給与明細書の場合は直近の明細書2ヶ月分、賞与支給のある場合は年間の賞与額が確認できる賞与明細書も必要となります。

モビットの公式サイトはこちら





実際に申し込んでみよう

審査に必要な書類が準備出来たら、実際に申込みをして審査を受けてみましょう。手元に身分証明書を用意して下さい、大きな金額を借り入れる予定の方は収入証明が出来る書類も用意しましょう。

今回このページを見ている方はもちろんネットユーザーの型なので、オーソドックスにパソコンやスマートフォンから申し込みを行う場合の4つの手順を紹介していきます。

1:モビット公式サイトの右上の申し込みボタンから申込みをおこなう

2:メールor電話で審査結果の連絡(WEB完結の場合はメール連絡)→確認→入会手続き

ここまでで最短30分!
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

3:カード受取方法を選択する(郵送orローン申込) ※WEB完結の場合はカードは必要ありません。

4:モビットから必要書類送付→モビットへ返送

審査から利用までの流れはたったのこれだけです!
あとはカードが届きさえすれば、所定のATMを利用してお金を下ろすことが可能です。

もしもすぐにお金が必要なら振込での即日融資(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)または無人契約機での契約を希望すればいいでしょう。無人契約機が近くに無い人は振込での融資が便利ですね。日本全国どこでも受け取れますから。

サイトのナビゲーションも丁寧に案内をしてくれるので、まずは一度モビットのサイトまで行ってみましょう。

審査に通るか通らないかはやってみなくちゃ分かりません。モビットはWEBから簡単に申し込みできるので、まずは申込みをしてみてください!申し込みが終れば審査は最短即日で結果が分かります。

しっかりと情報を把握して、無理の無い返済プランをたてていけば、キャッシングは怖いものではありません。むしろ効果的に使うことで、あなたの生活を豊かに彩ってくれるはずです。

モビットでスピーディなキャッシングを実現し、今のピンチを乗り越えましょう!
もちろんご利用は計画的に!

モビットの公式サイトはこちら




審査に落ちない為のポイント

申し込みにあたり、次の5つのポイントに注意しましょう。

住所や電話番号を正確に書く


よくあるのが、郵便番号、番地などの住所の間違い。間違いがあるとせっかくのスピード審査も再確認で時間がとられます。また本人確認資料との住所が違うこと。特に運転免許の住所変更をしていない人が意外に多いようです。引っ越して間もない場合などは要注意です。

勤務先を正直に書く


勤務先を退職したにも関わらず、まだ勤めていると嘘をついてしまう人がいますが、これはモビットだけでなく他の消費者金融でもよく確認されます。職を失ってお金に困って借りる人が多いからです。ただ、勤務先には必ず在籍確認の電話が入るので、そんな嘘はすぐに分かってしまいます。虚偽の申告をすると審査で落とされることが多いので絶対にしてはいけません。

他社利用件数は正直に申告する


他社の借入の件数や金額を少な目に申告してしまう人がいます。いろんなところから借りているから覚えていないということもあるでしょう。そういうときは電話確認で一言添えておいた方がいいですよ。過少申告と思われると審査に影響します。モビットだけでなく消費者金融会社は個人信用情報機関から、あなたがいつどの会社でいくら借入をしたかという情報を調べることができます。ですから、申告内容との違いが多きいと審査が通らないことも。

年収を多めに申告しない


審査を有利に進めようと年収を実際より高めに申告してしまう人がいます。年収は高ければ良いというものではなく、審査は年収意外も総合的に判断されます。年収は正直に申告しましょう。

必要以上のお金を借りない


モビットに限らず借入金額は多い方が当然ながら審査は厳しくなります。必要以上の金額を借りようとして審査に落とされるよりは、率直に借りれる金額を相談してみてください。それをきちんと返済すれば信用が増して次に借りるときは増額可能になるかもしれません。




モビットなら10秒結果表示が便利!


モビットではWEBから必要事項を入力するとたったの10秒で借入可能かどうかの事前審査結果が表示されます。その後、ネットやFAXで本人確認資料を送れば本審査が行われ、融資可能額が決定します。本審査の結果はメールや電話で連絡が来ます。本人確認資料はネットに慣れていれば画像添付で送ることができ、申込みで郵送物はないためスピーディに本審査まで進むことが可能です。

本審査が完了し、平日9:00~14:50までに本人の確認が取れれば当日中に指定の口座にお金が振り込まれます(即日融資 ※1)。その後、自宅に契約書が届きそれに記入捺印して返送すれば入会手続きが完了します。

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

10秒結果表示はこちら


10秒結果表示は他社でよく見かける「○秒診断」のようなシミュレーション機能とは違います。実際にシステムが自動で審査を行っています。だから、適当な内容で入力すると引き続きの本審査が通らなくなってしまいます。ちゃんと本当の情報を入力してくださいね!




サブコンテンツ

このページの先頭へ